いくら需要があっても検索結果に出てこなきゃ意味がないという話

皆さんどうも。えばやんです。

ブログの本格運用(というか公開)を始めて3日くらい経ちました。サーバー自体は1ヶ月くらい前から稼働してるので、自分の中ではそんなに実感湧かないかなぁ~とか思ってました。でもそんなことなかったです。

WordPressに限った話ではないのですが、ちょこっと弄ってあげるとアナリティクスってやつをチェックできるようになります。かいつまんで言えば、どのくらい人来てるとかどこから来てるみたいな情報をざっくりと見られる、そういうの。

で、こちらを見て欲しいんですよ。

でかでかと表示されているグラフ。公開初日の13日もそこそこ人が来ているが、翌14日の伸びが半端ない。

凄い(小並感)

公開翌日の14日時点で、既に100人越えです。まだGoogle検索かけてもこのサイトは出てこないのに。一体どこからか来てるのかとアクセス元別のグラフを確認したら、ココでした。フォントってフォントに需要あるんですね……(激ウマギャグ)

さて、フォントの需要が果てしないのが分かると、次はどうやってアクセスしてもらうか(言い換えればこのサイトを見つけてもらうか)を考えるワケです。幸い、既に紹介動画や先程のサイト等から覗きに来てくれてはいるのですが、ゆくゆくは検索ページから直接来てもらえるようにしなければなりません。

でもさっき言いました。このサイトは現状(2021年7月16日現在)検索しても出てきません。URL直打ちが必須なんです。じゃあじゃあどうすれば検索結果に表示されるようになるのか。答えはひとつ。Googleにこのサイトを見つけてもらうことです。

あの花は今年で10周年だそうで。何か展開があると聞いてwktkしております。

読者の皆さんは『どうやって見つけてもらうんや!』ってなると思うんですけど、いくつか方法はあります。Googleをかくれんぼの鬼だとしたら、今こっちは完全に気配を消して隠れてる状態です。このままだと無限にかくれんぼは続きますが、音を出したり居場所のヒントや地図を与えたりすれば向こうも見つけてくれるかもしれません。そういうことをすればいいんですよね、つまるところ。

ふわっとし過ぎなので具体的な話をしますと、サイトの情報をGoogleに送りつけたり、いろんな外部のサイトにWEBAYANへのリンクを貼ってもらったりすることで、比較的早めに検索結果に表示されるようになるんですよ。数が多ければ多いほど、上位に表示されやすくなるとかあるらしい。僕もよく分かってないです。

……ってコトで、今後投稿する記事とかフォントとか、お気に召したものがありましたらそのページへのリンクをSNSなりブログなりにペタッとして頂けると嬉しいです。以上。

【追記】

投稿から1時間でGoogleに見つかりました。
投げ銭や支援はコチラから

頂いた投げ銭はサーバー維持費や活動費、生活費に充てさせて頂きます。欲しいものリストからのプレゼントもありがたいです。とても喜びます。

ページの共有等も励みになります。ジャンジャン広めてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA