リニューアル作業中につき表示が崩れる場合がございます

闇のゲーム『性癖コードネーム』

  • URLをコピーしました!

皆さんどうも。えばやんです。(画像なし)

先日、某Discord鯖にて通話をしていた時のこと。深夜テンションでオンラインボドゲ大会が始まりました。様々なボドゲを経て、最後に始まったのはコードネーム。良いゲームです。

コードネームとは

2チームに分かれて戦うゲーム。場に並べられた25のコードネームを元に各チームのボス(スパイマスター)がヒントを出し、そのヒントを頼りにボス以外のメンバー(諜報員)が自チームのエージェントを当てる。先に全てのエージェントを当てたチームの勝利。1人だけ混じっている暗殺者を引いてしまうとその時点で負け。

ネット上で遊べるボドゲがこの数年で増えていますが、このゲームもオンラインで遊ぶことができます。リンクはこちらのボタンから。遊び方とかは各自ググってね。

このゲームで重要なのが、ゲームの名前にもなっているコードネーム。通常ゲームでは用意された語彙カードからランダムで選んだ25単語をコードネームとして使用するのですが、自分たちでワードを用意して遊ぶこともできるんですよね。真のコードネームとでも呼びましょうか。で、オンライン版でもご丁寧にその機能が搭載されており、今回はみんなでワードを出し合おうと。

各々の性癖から。

性癖ワードを集めてコードネーム。これは大きな可能性を秘めていそうです。もちろん自分も己の欲望のままに性癖を開示しました。WEBAYANは健全なサイトなのでどんな性癖がぶち込まれたかは伏せておきますが、それはもうトンデモない語彙リストが完成。ライトなワードからヘビーなワードまで、玉石混交な約40語が集まりました。

チームを分けて、ゲームスタート。実際に表示された盤面がコチラ。

今回はログを残すのが目的ではないので、ちょっとでもアレな単語は等しくNGです。BSSはOKです

半分くらいコンプラです。中には隠さなくても良くね?ってやつもありますが、今回は隠しました。エロ絵師名とかキャラクター名とか。このワード群は全て参加者たちの性癖なので、その辺も加味しつつプレイを進めていくことになります。ちなみにこの画面上のMy性癖はコンプラじゃないのが1つ、コンプラが2つです。酷い。

さて、スパイマスターはこの中から自チームのエージェントのヒントを与えていくわけですが、ワードがワードなだけに変なヒントが出るわ出るわ。ちなみに、ヒントの出し方は単語+という形式。単語にはあるコードネームのヒントとなる言葉、数にはその単語が当てはまるコードネームの数が入ります。つまるところ複数のコードネームのヒントをまとめて伝えることも可能で、例えば上の画像で黒髪と悪堕ちが自チームのエージェントだったとしたら、

スパイマスター

暁美ほむら、2

というヒントを与えれば、きっと相手はその2つのコードネームが自チームのエージェントであると気付いてくれるハズです。普通のコードネームなら。

性癖コードネームの厄介なところは、語彙群の関連性の異常な高さ。性癖でなくともジャンルを絞れば基本的に距離の近い単語が並ぶことになるので、複数をまとめて伝えようとすると色々巻き込んでしまいます。好意的に捉えれば、それはまとめてヒントを出しやすいという話で、原子縛りなら化合物だとか、偉人縛りなら出身やら業績やらで括ればどうにかなるのです。

一方で、性癖というのは基本的に相互作用で形成されるモノであり、要素と要素が複雑に絡み合うためその可能性は無限大。解釈違いもあって当然なので、中々上手く伝えることができません。内気な性格は恥ずかしがり屋と捉えられがちですが、裏がありそうと拡大解釈する人がいてもおかしくないのです。僕は恥ずかしがり屋派です。

先の暁美ほむらの例にしても、コンプラで隠した部分に何個か(人によってはほむらのイメージに)当てはまりそうなワードがあるので、こと性癖コードネームにおいては厳しいヒントかも知れません。博打も博打です。絶対に選ばせてはならない暗殺者が紛れていようものならチームは即負けですから、逆転を狙いに行く場面でなければ多分出さないでしょう。

もう皆さんも薄々気付いてるとは思いますが、性癖コードネームはメタ読み(人読み)必須です。ヒントの出し方までは縛っていないのでどうにかなる場面もありますが、少なくとも性癖談議は避けて通れませんし、性癖というものに対して真摯に向き合っていく必要があります。いくら身内でのプレイとはいえ、中々に地獄でしたね。闇のゲームです。

基本的にここには書けないような話しかしてないので詳細はぼやかすことにしますが、特定のエロ漫画家関連性のある性癖プレイヤーの名前などをヒントとして挙げたり、シンキングタイム中に己の性癖について語り始めたりと、なんやかんやで面白い時間ではありました。地獄でしたが。

この闇のゲームに参加したプレイヤー達は性癖コードネームに大きな可能性を感じたようで、「ヒントを出す際は己の性癖に忠実になるルール」だとか「語彙リストをキャラクター名にしてヒントの出し方を性癖縛りにする」だとか業の深い遊び方を模索していました。でもそんなことしたらますます世に出せるものではなくなってしまいそうです。出すつもりはさらさらないけどね。

実際面白い遊び方ではあるので、友人と一緒にやってみてはいかがでしょうか。正直自分はまたやりたいです。深夜テンションか酒を入れるかしないといけませんけどね。

  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA